万が一の時にはデータ復旧│データの管理方法NAVI

データを外部に保管する

スーツの女性

現在は、様々な情報をパソコンで管理することも多くなってきました。パソコンであらゆる情報を管理する際に必要なのが、バックアップです。もし、パソコンが急に壊れてしまった、内部のデータにアクセスできなくなってしまったというような場合、バックアップがないと非常に困ることになります。しかし、定期的に情報をバックアップすることで、損害を最小限に食い止めることが可能です。バックアップには、HDDを利用する、光学メディアに保存する等様々なものがありますが、もっとも安全なのがクラウドへバックアップを行なうということです。HDDや光学メディアを利用した場合、丸ごと破損してしまう、盗難されるという可能性もあります。しかし、クラウドにバックアップを残しておくことで、パソコンや周辺機器がだめになってしまっても、データを安全に保管することができます。

クラウドにバックアップを取る際に、気になるのが使い勝手です。しかし、多くのシステムが自動的にある一定の期間でバックアップを取ってくれるので、自分でバックアップを行なうのを忘れていたというような場合も、取得したデータから復旧することができます。また、これは誤ってパソコン内のデータを削除してしまったというような時にも安心です。どこまで管理するか、バックアップを取る間隔はどの程度開けるのか等は、自分で設定することができます。また、クラウドによっては、複数の地域でデータを保管している所もあります。万が一天災が合った時にも、複数のサーバーのうちの一つから情報を引き出すことが可能です。