万が一の時にはデータ復旧│データの管理方法NAVI

ファイルの共有に使う

オフィス

現在、インターネットが発達したことで、様々なデータやファイルのやり取りもネット上で行われるようになりました。しかし、ファイルの容量が大きいと、メールなどで送受信すると時間がかかってしまうことや、ファイルが壊れてうまく閲覧できないということもあります。そのような場合に利用することができるものが、オンラインストレージです。オンラインストレージは、ファイル保管用のスペースのことで、ここに両者がアクセスすることでデータの共有を行なうことができます。オンラインストレージは、個人間で使うことも有りますが、法人間でもよく利用されています。最近では、法人向けの容量の大きなオンラインストレージのサービスも出てきました。容量や、利用料金など会社によって様々なサービスがあるので、法人向けのオンラインストレージを利用する際には、それぞれのサービス内容を比較していくことが大切です。

法人向けのオンラインストレージを選ぶ際には、月額の料金だけでなく、ユーザー数やファイル上限、ストレージ容量などもみていくことが必要です。サービスによっては、無制限のプランもあります。しかし、無制限になるとある程度価格が高くなることも多いので、事前にどのように利用していくか考えていきましょう。また、デバイス対応も大切なポイントです。最近ではパソコンからだけでなく、スマートフォンからもデータを確認できるようなものも出てきました。セキュリティ的に重要なものを取り扱う場合には、しっかりとセキュリティ対策を行なっている所を選んでいくことも大切です。